’49 Merc “So Fine”

こんばんは。

Hawaii Tripから1ヶ月以上経ちまして、

すっかり日本は冬支度でして、

私も日々のドタバタですっかり日常にヤラレテおりまして、

みなさまいかがおすごしでしょうか?

 

 

Hawaii Trip、

しゃしんはまだまだございまして、

Gasser Camaroのオーナー、Bryce’s Houseを出たわれわれは、Rockyの住むKaneohe Townに向かいまして、

RockyはDodgeとMercのOwnerでして、

じつはRocky、僕がHawaii到着した夜に、突発で向かったCruise Nightに、こちらのDodgeで参加しておりまして、

彼とは1日ぶりの再会でした。

 

うまいこと表現できないんですが、Rockyのクルマは2台とも、”アメリカの白人カスタム”ってオーラをちょう感じるクルマでして、

なんですかね?

ボディカラーだったり、細かい造形の処理だったりが、”イイカンジに白人っぽい”といいますか、むかーしHOT ROD Magazineとかの洋書でみたような雰囲気の、ちょっと昔の、よくわからんメーカーの輸入のミニカーとかでありそうな雰囲気の、2台ともなんともアメリカっぽい、

ちょうカッコイイCustom Carsでした。

 

 

 

で。。。

こちらの’49 Mercury、

Rockyの息子のLil RocがBuildした車両でして、

ベースの車両を引き上げた時のしゃしんとか、

Roc自身のProject Carのしゃしんなんかも見せてくれまして、

Kustom Carっていう共通の趣味は、言葉の壁も(ある程度)超えるんだなーつって、

ちょう楽しい、

夢みたいなひとときでした。

Rockyたち、めっちゃイイ人でして、

MercuryのCustom Pointをひとつずつ、ちょう丁寧に説明してくれまして、

クルマが魅力てきなのはもちろんなんですが、

それ以上に、親子でCustom Car Cultureを楽しんでいる感じが、ちょうかっこよくってですね、

Rockyの奥さんのCrystal sanも一緒に出てきていろいろおもてなししてくださいまして、

家族みんなで楽しんでる感じ、ちょうサイコーでした。

 

 

あと、

RockyのMercにもSticker貼ってたあったのですが、

HawaiiでのMooneyes率はジャンルレスな感じでして、

今回のHawaii Tripで、Mooneyesっていうのは、

Rod & CustomのICONなんだなーって、今更ながら再認識できた旅でした。

 

 

“Show Board”

ひっくり返すとこんなんなってて、

 

 

Rocky、

めっちゃイイ人で、そんで、メッッチャノリノリでして、

いろいろ話したり、しゃしん撮らせてもらっているうちに、彼のパッションどんどん高まってきてまして、

 

Rockyさん家、わりかし住宅街なんですが、自宅の前でBurn Outはじめちゃったり、

 

“友たちの証だ”つって、

自分のMercuryと同じボディカラーのダイキャストモデルを家から持ってきまして、僕にPresentしようとしてくれまして、

このダイキャストモデル、たぶんチョー大切にしてたやつだろうから、

絶対数日後に後悔すると思いましたんで、丁重にお断りしたんですけど、

なんせRocky、高まっちゃってまして、

何度かお断りしたんですけど、どーしてもっていうんで、いただいてきちゃいました。

このMiniture Merc、俺のHawaii Tripで一番気持ちのこもった、一番の宝物です。

いつかお小遣いたまったら、実車と同じPinstripeを入れてもらおうと思います。

Huge Thanks!!!!!

 

って、

Rocky Dias一家、

ちょうサイコーのFamilyでした!!!

I hope see you again!!!

 

 

K&A 045 YOKOHAMA JAPAN

 

 

 

 

 

Please follow and like us: