Stay Home, Build Scale Models

こんにちは。 Virusてきなアレが日に日にHARDな今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんな場所でこんなこと、アレなのですが、 個別にアレするのもアレなので、失礼しますということで、、、   InstagramのDMなどでたまに、昨今の事情につきまして、返答に困るようなMessageをいただくことがありまして、 Direct Mail、極力返信する様 心がけているのですが、 ごめんなさい、学がないもので、的を得た返信が出来ずに、そのまま放置しているMessageが何件がございます。 KaliforniaLook、私個人的に、”スゲー!!”って思ったクルマや、”かっこいい!!”って思ったクルマなんかを発信しているだけのStanceな場所なので、ちょっとそれ以外のムズカシイことはスイマセンです。 もちろん、いろいろとCloseな仲間たちと話をしたりして、自分なりに思うこと、考えていることはあるのですが、 すいません、お会いしたことない方に、自分の意見をお返し出来るほどのアレはなくってですね、     なにせ 学がないもので。。。 なまえ、Manabuのクセしてすいません。。。      つって。。。  コレが言いたかっただけだろ? つって。。。    シツレーしました。         で。         ハナシ変わりまして、最近はEventやCar Meet、自粛自粛なもので、 Indoorでなにか、楽しめることはないかな?ということで、 買ったままで、ずっと放置していましたプラモデルを作ろうか、と思います。 今回Challengeしますのは、亜米利加はRevell社から出ておりました、Ed “Big Daddy”Roth’s OUTLAWのプラモデルでございます。 箱開けてみただけで、 コレ、まともに作れる気がしないぜ、 つって、いきなし萎えたのですが、 せっかくのプラモデル、 作ることに意義がある!ということで、 上手くいったか否かは別にして、 またあらためまして、 完成した際はこちらでご報告させていただこうと思います。   余裕がありましたら、作業途中の様子なんかも、こちらでご報告させていただこうと思います。    また、 最後になりますが、 自宅で自粛、自粛のここ最近、 諸先輩方の、多大なるお力をお借りしまして、 何かしら、 みなさまの、一服の気分転換と言いますか、 発信出来るものをただいま、こっそりと準備中ですので、 ご報告できるタイミングになりましたら、そちらも合わせてご連絡させていただこうと思います。      で、、、    自粛中の宅飲み、 酔いが廻るのがはんぱねーということで、 この辺で失礼させていただきます。。。     K&A 045 YOKOHAMA JAPAN   Please follow and like us:

Read More

HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 DVD

昨年12月に開催されました、MOONEYES Presents Yokohama Hot Rod Custom Show 2019のDVDが本日我が家に届きました!   今回もMooneyes sanのHelp StaffとしてSet Up DayからShow翌日のAfter Partyまでの3日間、Cameraを廻させていただきまして、 コレ、全く個人的なアレで、アレなんですが、DVD終盤に収録されております、BathtubのRide In Sceneを撮影させていただいたのですが、コレ撮ってる時、感動で涙出てきまして、 ただですね、コレはBathtubに限ったことではなく、ShowにEntryされた全ての車輌のOwnerたちが、この日の為にものすごくアレで、アレだったんだろうなーって、 とにかくですね、 Show当日の感動がそのまま蘇る、まじでサイコーな1枚です。  お買い求めはMOONEYESで〜!    K&A 045 YOKOHAMA JAPAN Please follow and like us:

Read More

Generation

こないだの日曜日に参加させてもらいましたMorning Cruise、 Impala Conv,に乗っているYoung Ageの青年が、My VWの写真と一緒にMessageを送ってくれました。   彼の実家は、もともと本牧Mooneyesの近くだったらしく、僕がMooneyesにVWで遊びに行っていたのを、小学生の頃からずっと見てくれていたみたいで、大人になった今、そんなMy VWと一緒に、今回走れたことをとても喜んでくれまして、僕もなんだか嬉しいような、照れくさいような、そんな気持ちになりました。 そんなImpala Conv,のYoung Owner、Takahashi-kunも、いつか彼をずっと子供の頃から見ていたっていう、さらに次の世代とCruiseする日が来るといいなー、と思いました。   ちなみに、僕が小学生の時に、憧れの眼差しでずっと見ていた、’70 Dodge DusterのOwner-sanは、今でも本牧Mooneyesの2nd Floorにいらっしゃいまして、いつもお世話になりまくりです。   K&A 045 YOKOHAMA JAPAN      Please follow and like us:

Read More